ローンいろいろ

住宅ローンや自動車ローンなど各種ローンについてまとめてみました。これからローンを申し込むという方は参考にしてみてください。
HOME

カードローンを選ぶ

手軽に現金を借り入れることが可能なカードローンを使っている人はたくさんいるようです。自分の口座からお金を引き出す感覚で、銀行ATMからポンとお金を出すことができるためです。

お金を直接借り入れることができるカードローンは、何もしていないのにお金がもらえた気持ちになります。最近は、銀行にお金を預けたとしても、利息はほんのちょっとしかつきません。

いくら貯金をしても増えないので、喜びも感動もありません。それでいて、融資をしている側の銀行や、金融会社は、高金利で貸し付けています。銀行ATMは1回使うにも何かとお金がかかります。

カードローンを使った場合も、高い金利がどしてもついています。普通預金にお金を預けていると、つく金利は年間1%以下という、非常にさみしい金利になっています。

カードローンの融資を受けた場合、金利が高い時には18%にも達することがあるといいます。できるだけ高い金利でローンを利用しないようにすることが、カードローン融資のポイントです。

2週間以内に返済をすれば、金利0%で融資をしているというカードローンもありますので、おすすめです。2週間以内に借りたお金を返す目算がついているなら、無利息でお金が借りられるカードローンはとても使いやすいものです。

様々な特典サービスがカードローン会社にはありますので、事前に情報集めをして、上手にお金を借りるといいでしょう。

金利

カードローンの金利は、どのくらいでしょうか。消費者金融では、金利4.5%〜18%で融資をするところが多いようです。10万円の融資を受けた時には、18%の金利が一般的だと言われています。貸付上限金額がいくからでも、金利の設定は変わります。携行として、大口の融資になれば、金利は低く設定されることが多いようです。

カードローンの申込みをした時には審査があり、年収などの関係から、その方の限度金額が決定されるようになっています。場合によっては、少額のカードローンしか利用できないこともあります。審査の内容で、一度に借りられる金額は変わります。同じく銀行系も内容的には同じでありますが、金利面で変わってきます。

相場的には4%から14%程の金利になります。単純に金利のみを比較すると、銀行系カードローン会社のほうが、消費者系金融会社よりお得なことがわかります。

それならば、カードローンは銀行系の金融会社のものを利用したほうがいいと考えがたですが、金利以外でも、考えなければいけないことがあります。すぐにでもお金を借りたいという時は、審査に時間がかかる銀行系カードローンより、消費者金融系カードローンのほうが有利です。

審査の条件も厳しく、銀行によっては普通口座の開設も行なわないといけないケースもあるので手続き上に面倒な所があります。できるだけ早く融資を受けたいと思うなら、消費者金融系がいいでしょう。

融資するまで時間に余裕がある方やとりあえずカードを作っておこうという方の場合は、銀行系のカードローンを契約すると良いでしょう。

返済手段

カードローン融資を受けた時の返済手段は色々とありますが、借り入れ時に選ぶことが可能です。カードローンの融資を、銀行系キャッシング会社や、消費者金融会社から借りた時は、次の月から返済がスタートするのが一般的のようです。

借入金の一部を、月々の返済日までに支払うという形が最も多いと言われています。振込は銀行のATMやコンビニATM、そのカードローンの街の無人機で入金する方法が一般的です。

ATMは、探せば色々な場所にありますので、返済はそれほど大変ではありません。銀行系のカードローンを契約した場合は、その銀行の銀行口座から自動引き落としも可能なので、わざわざ振込する手間がありません。

返済のやり方はいくつかあります。多くの場合は、リボルビング払いが採用されているようです。金利と元金を合わせ、毎月一定額を返済するという方法です。

月々の返済に負担をかけすぎないという利点があります。月々の返済金額が多くなりすぎたり、むらが出たりということがないため、無理なく返済ができます。この一定金額は決まっているのですが、独自で設定金額を上げることが可能です。

返す金額を多くすることで、1カ月あたりのやりくりはきつくなるかもしれませんが、それだけ早く返し終われるわけです。上げた支払い金額を下げることや一括返済も可能なので、利用状況を考慮しながら、返済方法の選択ができるようになっています。

ラクダ
Copyright (C) 2014 ローンいろいろ All Rights Reserved.